地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」

子育てってほんとは楽しい!江戸川区のママのための子育て情報サイト「子育てちゃんねる」

子育て支援企画

元気なちびっこがいつもいっぱい 「ボクシング広場」

遊びながらいつのまにか社交性、運動能力が育つ元気で楽しい広場をのぞいてきました♪

都営新宿線一之江駅から徒歩3分のビルの1階にある『ボクシング広場』
午後はいつも子どもたちがたくさんいるけど、ボクシングを教えてくれるのかな?
ちょっと気になっていた教室にお邪魔してきました♪

ここは自分の来たい時に来て、やりたいことをして過ごす場所。
もちろんボクシングをしたい子は教えてもらえるけど、みんなで並んでなにかを習ったりする教室とはちょっと違うようです。

夏休みのこの日、あいにくの空模様でしたが20人以上の子どもたちがそれぞれに好きなことをして過ごしています。

指導の方針は「やりたい」を大切に。遊びながらでも運動能力はぐんぐん伸びます!
子どもたちが興味を持った時にたのしくて集中できる運動を、その時その時選び夢中になることで、運動能力は驚異的に伸びるのだそうです。

そのため、教えることより導く工夫として、「片付けなさい」「一緒にやりなさい」を排除し、自分のやりたいことをやりたい時に集中して取り組むことを大切にしています。

我慢、礼儀などの教育は疎かになってしまうのでは?と気になりますが、子どもたちは自然と人の迷惑になること、やってはいけないこと、相手の気持ちや立場になって考えることを学んでいくそうです。

また、広場には学年や年齢の枠での仕切りがないため、大きい子が小さい子に教えてあげる、逆に小さい子は大きい子のすることを真似しながら学んでいくというタテの関係がここにはあります。

「野球やる人集まれ~!」と声をかけると、男の子たちが集まってチームを作ってゲームを始めます。
その横では卓球を始める子、誰かが逆立ちをすると、自分もやってみたいといつの間にか列ができ、スタッフに手伝ってもらって練習を始めます。

縄跳びは「縄跳びカード」を作り、目標を決めてあげると自分から練習して自然とできるようになり、どんどん上手になるそうです。特訓したわけでもないのに、広場からは毎年多くの子どもたちが大会の上位に入賞するなど、素晴らしい成績を出しています。

気分転換にブロックをしたり、絵本を読んだり、そのうちまた他の子の様子を見て縄跳びを始めたり・・・
遊んだものも片付けなさいとは言われないけど、それを踏んで痛い思いをしたり、危ないと思った子が片づけ、またそれを見ていた子が片づけることを学びます。

親はなかなか黙っていられないけれど、ここは子どもたちに任せてスタッフは「見守り」ます。あくまで「遊びの延長」のような空間で運動能力が発達していくなんて、子どもにとって「身体をつかって遊ぶ」ということの大切さを改めて感じました。

全日本縄跳び選手権 14歳以下日本代表に選ばれ、この夏マレーシアの大会に出場した小学4年生。<br>小学生とは思えない跳びを見せてくれました。
全日本縄跳び選手権 14歳以下日本代表に選ばれ、この夏マレーシアの大会に出場した小学4年生。
小学生とは思えない跳びを見せてくれました。
<活動の御案内>

◆活動日
【月・水】13時~20時
【日・火・木・金・土】13時~19時

対象
・小学6年生までの男女

費用
一回利用(2時間/延長30分100円)  1,080円
1ヶ月パス  5,400円
・回数券(25回分)  15,000円(600円/1回)


ボクシング広場 ホームページ

こちらも読んでみませんか?

  • 子育てニュース
  • お出かけ情報
  • 子連れdeグルメ
  • 習い事・スクール
  • 子連れ歓迎!お店・習い事
  • 図書館
  • 共育プラザ
  • 子ども未来館
  • 子育て応援サイト(江戸川区HP)
  • 保育園・幼稚園(江戸川区HP)
  • 区立小学校一覧(江戸川区HP)
  • 小児科と予防接種
  • 認証保育所空き状況
  • ちょっとおじゃまします♪