地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」

手足口病の発生が警報基準を超えています

感染症発生動向

更新日:2017年7月20日

定点把握対象感染症 警報・注意報・グラフ

注目される感染症・東京都全体

手足口病の発生が警報基準を超えています(警報:2017年7月13日・東京都健康安全研究センター)
咽頭結膜熱が流行しています(東京都健康安全研究センター)
乳児ボツリヌス症とは(東京都健康安全研究センター)

海外旅行では感染症に注意

FORTH (For Travelers’ Health:厚生労働省検疫所)
海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド(東京都 感染症対策課)

感染症の発生状況について(江戸川区)

お知らせ

区内でも手足口病・ヘルパンギーナが急増しています。
患者の咳やくしゃみなどのしぶきに触れることによって感染(飛まつ・糞口・接触感染)する感染症なので、一般的な予防対策(手洗い、うがい、咳エチケット等)を心がけることが大切になります。

小児科定点・眼科定点対象感染症の区内発生状況グラフ

第28週(平成29年7月10日(月曜日)から平成29年7月16日(日曜日)まで)の報告です。

小児科定点対象疾患

小児インフルエンザ様疾患、成人インフルエンザ様疾患、咽頭結膜熱(プール熱)、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎、水痘(みずぼうそう)、手足口病、伝染性紅斑、突発性発疹、百日咳、ヘルパンギーナ、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、MCLS(川崎病)、不明発疹

眼科定点対象感染症

急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎

お読みください

  • この事業は一般社団法人江戸川区医師会のご協力をいただいて、区が共同で実施しているものです。
  • 小児科感染症の各地区別の定点医療機関数は小松川地区3、中央地区6、葛西地区6、小岩地区7、鹿骨・東部地区5です。眼科感染症は全区で4です。
  • 小児科感染症は各地区の医療機関数にバラツキがあるため、地区ごとの比較は一医療機関あたり(定点あたり)の届出数を用いています。

全数報告対象感染症

第28週(平成29年7月10日(月曜日)から平成29年7月16日(日曜日)まで)に、江戸川区内の医療機関で診断された感染症の数です。
※更新日までに報告のあったもの

第28週

1類感染症 報告なし
2類感染症 結核2例
3類感染症 報告なし
4類感染症 レジオネラ症1例
5類感染症 報告なし

第27週

1類感染症 報告なし
2類感染症 結核1例
3類感染症 報告なし
4類感染症 レジオネラ症1例
5類感染症 侵襲性インフルエンザ菌感染症1例

第26週

1類感染症 報告なし
2類感染症 結核6例
3類感染症 報告なし
4類感染症 報告なし
5類感染症 梅毒2例

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立感染症研究所感染症情報センター(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都感染症情報センター(外部リンク)