地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」

江戸川区内の素敵!楽しい!明るい!話題

えどがわMAP☆街紹介【西葛西/インド特集◆なぜ西葛西にインド人がおおいのか?】

日本で一番インド人が多く住んでいるといわれる西葛西。なぜみんな西葛西に来るの?

江戸川インド人協会会長 ジャグモハン・スワミダス・チャンドラニさん
江戸川インド人協会会長 ジャグモハン・スワミダス・チャンドラニさん

「インドから紅茶やスパイスを輸入する場合、船のつく港に近いこと。また、インド人には2000年問題をきっかけにIT関係の会社で働く人も多く、都心へのアクセスが便利なこと。そして何より、時間をかけてインド人が住みやすい街を作ってきたこと。そうして時間とともに今の西葛西の街になっていったのではないでしょうか?」

とお話してくださるのは、西葛西で紅茶専門店を経営する江戸川インド人協会会長ジャグモハン・スワミダス・チャンドラニさん

まだメトロの西葛西駅ができる前の1979年から西葛西に住み、西葛西に移住してくるインド人の食事を提供するために食堂を作ったり、住むところに困っている人の相談にのって、部屋を借りる手伝いをしているうちに、少しずつ時間とともにインド人が自然と集まってきたそうです。
インド人の多くがITエンジニアとして派遣されて日本で勤務しているため、西葛西は都心へのアクセスがいいこと、そして成田へのアクセスもいいことが理由として挙げられます。
またインド料理店が多数あるので、インドの料理が気軽に食べられる。食事は生活の中で大きな割合を占めると思います。
生活といえばテレビ。インドのテレビ番組が見られるようになったのも、大きいと思います。
3月に開催されるお祭り「ホーリー」<br>
3月に開催されるお祭り「ホーリー」
西葛西ではインドのお祭りも開催されています。
ファミリーで来日する場合、子どもが生まれると教育が必要になる、そこで幼稚園、学校が作られる。安心して子どもを育てられるようになったことなどが更にインド人が多く住むようになった理由としてあげられると思います。

西葛西の住民の皆さんは、古くからインド人が住んでいることで、外国人を特別視することなく、ごく自然にとなりに外国人が住んでいることを受け入れ、言葉が多少通じなくても、日本人と変わりなく接してくれる優しさがある。そこがインド人にとってとても心地よい。ともお話してくださいました。

西葛西にはどれくらいのインド人が住んでいるの?

西葛西周辺は日本で一番インド人が多く住む街といわれています。現在日本に住む在日インド人の約10%にあたる3000人程度のインド人が住み、その80%以上ITエンジニアとして働いています。
みなさん、3か月~1年半程度の期間でインドに帰っています。

単身で来る人もいますが、ファミリーで日本に来る人もいるので、インターナショナルスクールは小学校~高校までの子どもたち約570人が学ぶマンモス校となっています。(スクールバスで送迎しているので、通学しているのは西葛西地区だけでなく、都内の東側広範囲にわたります。)
また最近では、学校に通うのはインド人だけでなく、日本人の子どもも増えてきているそうです。

インド人と日本人のこれからの関わり

これからのグローバルな時代には、国を超えたそれぞれの心の持ち方が大切だと思います。
今後は海外との関わりが必須になる時代。
日本に来る外国人に対しても、そして日本から外に向かっていく日本人に対しても、自分の国の文化だけでなく、違った文化や暮らしにも興味を持って、柔軟に受け入れていくことが求められると思います。


取材協力:
江戸川インド人協会
一般社団法人 リトルインド東京
◆インド料理のお店やスパイスショップなど、気になるお店をチェック♪