地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種

 

接種計画・状況

江戸川区では、重症化リスクの高さや、クラスターの発生を防ぐという点を考慮して、高齢者から順次接種を進めてきました。接種を希望する皆様に安心してワクチン接種を受けていただけるよう、進めてまいります。

65歳以上のワクチン接種状況

国のワクチン接種記録システム(VRS:Vaccine Record System)に登録された接種状況を集計して公表しています。毎週火曜日に更新します。

7月26日午後6時時点
対象者対象者数1回目接種2回目接種
65歳以上の方

約147,000人

128,180人(87.2%)111,418人(75.8%)

(注)VRSには医療従事者等は含まれていません。

64歳以下の接種計画(2021年7月21日時点)

  • 12歳から64歳の区民の人口:約47万8千人
  • 接種希望者(約90パーセント想定)約43万人
    • 個別接種(約6割想定)約25万8千人
      区内約250の指定医療機関で接種ができます。
    • 集団接種(約3割想定)約12万9千人
      区内12か所の集団接種会場で接種ができます。
    • 職域・大規模接種(約1割想定)約4万3千人
      実施主体にお問い合わせください。

10月末までに、12歳~64歳の希望する方全員に接種できる体制を整えてきました。しかし、現在のワクチン供給量は、区が希望する4割程度となっています。
そのため、入荷量に合わせた予約枠となっており区民の皆さまにご迷惑をおかけしています。国から当面のワクチン供給量が示されたため一部会場(枠)を追加しました。今後追加予定の会場(1会場)


原則、江戸川区に住民登録のある方が対象となります。

接種券

接種券は、対象となる方に発送済です。今年度中に12歳になる方には、12歳に達する月の前月末に順次発送する予定です。

区内での接種予約(個別接種・集団接種)

個別接種

区内指定協力医療機関

受付状況は、下記の医療機関一覧でご確認いただけます。

各医療機関(約250か所)へ直接お問い合わせください。(注)予約を一時中止している医療機関があります。

集団接種

追加日程:8月9日(月曜日)~29日(日曜日)
追加会場:グリーンパレス(毎日)、タワーホール船堀(平日)

スケジュール

対象者(年齢の基準日:令和4年3月31日)予約開始日時
7月26日(月曜日)午前9時
今回の予約分は定員に達しました。
7月28日(水曜日)午前9時
今回の予約分は定員に達しました。(7月28日10時27分)
7月30日(金曜日)午前9時
8月1日(日曜日)午前9時
8月3日(火曜日)午前9時
12歳から15歳の方は、個別医療機関での接種をお願いしています。
但し、個別医療機関での接種が困難な場合、集団接種を予約することもできます。
その際は、原則保護者の同伴が必要となります。

キャンセルによる空き状況は、コールセンターまたはワクチン接種予約サイトでご確認ください。

インターネット予約

ワクチン接種予約サイト
(外部サイト/別ウィンドウで開きます)
推奨ブラウザはChrome・Safari・Edge・FireFoxの最新バージョンとなります。Internet Explorer、フィーチャーフォンは非対応です。
システムメンテナンスのお知らせ

下記の期間はシステムメンテナンスのため、ワクチン接種予約サイトがご利用いただけません。ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

【利用停止期間】7月29日(木曜日)18時から7月30日(金曜日)9時まで

電話予約

コールセンターへ電話で予約してください。
(注)会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

会場(空き状況)

予約のキャンセル

予約した日時に会場へ行くことができなくなった場合は、必ず前日までにコールセンターへ連絡してキャンセルしてください。貴重なワクチンを無駄にしないためにも必ずお願いします。

予約キャンセル分の扱いについて

  • 接種日前日までのキャンセル分
    予約サイトまたはコールセンターで随時予約を受け付けます。
  • 接種日当日のキャンセル分
    キャンセル待ち名簿に登録済みの保育士や保育ママに接種を行います。

原則、住民登録のある区市町村での接種となります。来場には公共交通機関をご利用ください。

  • 接種費用は無料です。接種は、間隔を空けて2回行います。2回目の予約は1回目の接種時にお伺いします。
    (注)ワクチンの種類により接種間隔は異なります。
  • ワクチン接種は任意です。接種を受ける方の同意なく行われることはありません。
  • 12歳以上18歳未満の方は、ファイザー社のワクチンのみ接種可能です。

大規模接種

国が設置する「大規模接種センター」でのワクチン接種予約は、江戸川区で受け付けることができません。
詳しくは、以下「大規模接種センター」のサイトでご確認ください。

都が設置する接種会場

対象:都内の大学・短大に通う学生、教職員及び都内に在住し、都外の大学・短大に通う学生や東京商工会議所会員の中小企業従業員等

【注意事項】大規模接種予約をされた方は、区の接種予約を必ずキャンセルしてください。

巡回接種

詳細が決まり次第お知らせします。

予約のサポート

健康サポートセンター、なごみの家、熟年相談室

お近くの健康サポートセンターなごみの家熟年相談室でも接種可能な医療機関をご案内しますので、ご相談ください。

携帯ショップ

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のオンライン予約のサポートを実施しています。

接種当日の持ち物・注意事項

ページの先頭へ戻る

ワクチン接種済証・ワクチンパスポートの申請

効果と副反応のリスク

国や区ではワクチン接種に関する情報提供を随時していきます。
感染症予防の効果と副反応のリスク等をご理解したうえで、接種を受けてください。

ワクチンの効果

  • ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を予防するだけでなく、社会全体で流行することを防ぐことが期待されます。
  • 日本で最初に薬事承認されたファイザー社のワクチンの臨床試験の結果では、95%の発症予防の効果があったと報告されています。

副反応のリスク

副反応についての相談窓口

  • 副反応について、東京都が相談窓口を開設しました。

東京都東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター 電話:03-6258-5802
新型コロナワクチンに関する相談体制(東京都福祉保健局ホームページ/別ウィンドウで開きます)

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

  • 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀であるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。
  • 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じて、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
  • 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、現在の救済制度の内容については、「予防接種健康被害救済制度」(厚生労働省ホームページ/別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

不審な電話にご注意ください

新型コロナウイルスワクチン接種に関連し、現金を要求したり、個人情報を聞き出そうとする不審な電話が発生しています。ワクチンの予約および接種費用は無料です。江戸川区や医療機関から費用や個人情報を請求することはありません。このような電話があれば、すぐに警察へ通報または消費者ホットライン188にご相談ください。

お問い合わせ

江戸川区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話番号:03-6633-3380 または 050-8881-8187 または 050-8881-8190
間違い電話が大変多くなっております。電話番号をよくお確かめのうえ、かけ間違いには十分お気を付けください。

受付時間

午前9時00分~午後6時00分(年中無休)

よくある問い合わせ(FAQ)

障害のある方へ

聴覚障害(障がい)のある方

FAXでコールセンターにお問い合わせください。
FAX番号:03-5630-1217

関連リンク

ページの先頭へ戻る