地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」

江戸川区認証保育所ガイド

保育園の生活

保育園での基本的な生活の流れです

順次登園・受け入れ

各ご家庭の利用時間に応じて、順次登園してきます。お子さんの健康状態やご家庭での様子など、連絡ノートと共に保護者から伺い、お子さんをお預かりします。

 

気になること、連絡事項がありましたら、受け入れの保育士にお伝えください。

朝の保育(遊び)

午前中の活動までの間、室内で遊んで過ごします。「おはよう」の声とともに、お友達がどんどん登園してきて、増えていきます。

 

※0・1・2才クラスですと、離乳食や補食(午前のおやつ)が入ることもあります。

午前中の活動(遊び)

子ども達が一番元気な午前中の時間、保育園や幼稚園でのメインの活動が入ってきます。
年齢や発達に応じて、カリキュラムを組み、その日の計画に合わせて、お散歩、制作活動、室内遊び、運動、水遊びやプール、音楽等、各園特色のある活動をしてします。

 

子どもたちは様々な体験を通して、学び成長していきます。

 

※朝ご飯をちゃんと食べてこないとパワーも元気も集中力もでませんから、ちゃんと食べる習慣をつけてくださいね♪

お昼ごはん

給食は、子どもたちの楽しみの一つです。認証保育所では、完全給食を実施し、給食は各園で手作りしています、バランスよく栄養を考えられたおいしいご飯を食べます。
※アレルギー等の対応は、各園により異なりますので、事前にご相談ください。

お昼寝

たくさん遊んだ後は、お昼寝で体を休めます。心や脳を休めるためにも必要です。
人の脳は寝ている間に記憶を整理すると言われています、午前中の活動を学び経験として落とし込んでいく上でも大切な時間です。

おやつ

おやつというと、甘い物をイメージしますが、保育園に通う年齢の子どもたちは、3食の食事だけではエネルギー摂取が足りないので、食事の一環でもあります。

おにぎりやうどんがでることもあれば、お昼ご飯とセットで栄養価を考えた給食が出てきます。

午後の活動(遊び)

午後の活動は、季節や園によっても変わってきますが、基本的には室内で楽しく過ごす園が多いです。保育園では、保育士による集団遊びや制作活動、多様なオモチャがあったりと、専門機関ならではの環境があります。

 

子ども達が社会性を身につけたり、様々な体験を通して成長していきます。

随時お迎え

保護者がお迎えに来たら、随時降園となります。
その日の様子を保育士から聞いたり、保育園で使った荷物を持ち帰ります。

 

保育園に慣れてくると、もっと遊びたい、帰りたくないなんて言う子もでてきますが、生活する場所を好きになってくれるのはうれしいことです。

連絡ノートにその日の様子やメッセージを記入していますので、これが楽しみというお父さんお母さん方も多いです。

補食・夕食

お迎えが遅くなる子には、補食や夕食がでることがあります。
各園によって考え方や内容等違いがあることがありますので、詳しくは見学時等にお問い合わせください。

夜の保育

13時間開所と言うこともあり、長時間保育園を利用する子どももいます。

遅い時間の保育は、子どもたちも疲れが出てきますし、園児数も減って寂しくなる時間でもあります。

そんなとき、暖かい環境の中で、安心して楽しく過ごすことができるように工夫しています。

おうちに帰った後について

子ども達にとっては、保育園で過ごしたと言うことは、長時間勤務からおうちに帰ってきた大人と同じようなものです。

家に帰るとママやパパから離れてがんばったり、疲れたりした分だけ、甘えたい気持ちがでてくることもあります。

そんなとき甘えを受け止めてあげたり、子どもと「今日は何して遊んだの?」と一緒になってお話ししてみてください、

まだしゃべれない場合は、連絡ノートに書いてある内容から、話しかけてあげても良いですね。

 

子どもと過ごすのが嬉しくて、つい夜遅くなってしまいがちですが、子どもの脳や体の成長のため、翌日の活動のためにも、きちんと夜は寝て、朝早く起きて、朝ご飯をしっかりととるようにお願いします。

※大まかな保育園での生活の流れとなり、各保育園ごとに環境も違えば特色も違ってきます。詳細につきましては各認証保育園にお問い合わせください。

 

このページのトップへ戻る