地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

江戸川区の地域情報サイト「まいぷれ」江戸川区

下町酒場はしご酒~江戸川のディープな居酒屋巡り

池波和彦のまいぷれ江戸川区・居酒屋直伝レシピ

よく行く居酒屋からレシピ

ペペロンチーノしらす入りオイルの熱々がビールにもワインにも!

オリーブ油にニンニク・鷹の爪・シラスを入れじーっと煮詰めると、たいへんうまいソースになる。

これを堅いパンでさらって食べる。

こいつは考えたね。ビールはもちろん、焼酎にも合う。

煮詰まるオイルにヤリイカを入れるのはどうだい?いや海老もいい、穴子?

そりゃまたいい。つまり万能だ。

家庭宴会をスペインバルにしてしまおう。

ワインにサングリア、酎ハイもつくってくれい。

1、フライパンに多めのオリーブ油をひき、鷹の爪と包丁でつぶしたニンニクをいれて香りが出るまで炒める。

2,鷹の爪とニンニクを取り出し、生シラスか釜揚げシラスを加え水分が抜けるまで炒める。

3,器に移し、彩に鷹の爪と万能ねぎを散らしてバケットのスライスを添える。

バケットにのせてどうぞ。

 

居酒屋で人気のカツオの叩きはカツオの焼き切りに、玉ねぎ、大葉、ニンニク、葱、生姜などを満載した、栄養的にも消化的にも優れた料理だ。

それをさらに野菜豊富にしたのがこれ。

水菜、サラダ菜、玉ねぎ、トマトなど野菜はなんでもよく、ほどよい酸味で野菜をバリバリ食べられるのが身上。

合間のカツオが野菜だけの味気無さを救う。

これぞ万人向け、完売確実の健康メニュー。

1,スーパでカツオの叩きを買ってきて、水菜、サニーレタス、は食べやすい大きさに切り、玉ねぎはスライス、プチトマトは輪切りにする。

野菜とカツオを彩りよく盛り付け、もみじおろしと万能ねぎをあしらう。

2,市販のシソドレッシングとポン酢を合わせたドレッシングを作り、好みの量を回しかける。

☆カツオ=ニンニクと生姜とのイメージから生姜とニンニク

おろしも用意したが、これもまたよし。

家で食べるから生ニンニクも平気だ。

↑ペペロンチーノしらす入りオイル

↑サラダ風のカツオの叩き

◆この記事を書いたひと

酒場ライター:居酒屋伝道師・池波和彦

 

東京生まれ東京育ち。酒場巡りを趣味とし、北は北海道の離島から南は沖縄の離島まで新規8000軒以上の店を巡りブログ「日本の酒場をゆく」を執筆。毎夜全国の居酒屋やバーにて神出鬼没の酒戦の日々を過ごす痛飲派。

 

ブログ「日本の酒場をゆく」↓

https://ameblo.jp/m458itmasa/

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード